品川女子学院に行ってきました

今日は、品川女子学院中等部・高等部の塾対象説明会に参加しました。
shinagawa_jyoshi.jpg
4年前にも、レポートを書いていますので、参考にしてください。
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/271452533.html
久々の訪問になったわけですが、感想は・・・「変わらないなあ」というところでしょうか。
品川女子がやってきたことは、今や多くの学校で試みられています。
例えば、立教女学院でも「PBL教育」として、大学や企業と連携した教育を進めています。
そのためか、校長先生のお話も、最初に聞いた頃のインパクトは感じられませんでした。
特色ある教育だから、という理由で品川女子を選ぶ時期は過ぎたのかもしれません。
もちろん、生徒たちは頑張っていますし、校風が合えば充実した学校生活が送れると思います。
気になる方は、学校に足を運んでいただいて、雰囲気を感じていただければと思います。
今春の入試から、2/4の第3回で「表現力・総合型」入試が行われました。
先生方は「公立中高一貫とは違う」とおっしゃっていますが、問題のつくりは基本的に同じです。
ただ、難易度・ボリュームはかなりありますので、何も勉強なしに受験するのは難しいと思います。
来春の入試は、大きな変更はないようです。
説明会などの日程は、学校HPを確認してください。
http://www.shinagawajoshigakuin.jp/