田園調布学園に行ってきました

今日は、田園調布学園中等部・高等部の塾対象説明会に参加しました。
800px-Den-en-chofu-Gakuen_highschool.JPG
これまでにも、いくつかレポートをまとめています。
学校の教育内容についても書いていますので、参考にしてください。
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/419287474.html
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/366841744.html
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/197988577.html
今年の説明会では、今春卒業した生徒たちの進学先について説明がありました。
田園調布学園の特徴として、理系への進学希望者が多いことが挙げられます。
今春の卒業生200名のうち、理系は87名で、全体の43.5%です。
200名中180名が現役で進学し、国公立に28名、早慶上理に38名、GMARCHに44名、医歯薬に18名ということで、その割合は全体の64%にあたります。
また、今年東大・東工大・東京外大などの難関国公立に現役合格した生徒は、塾に通わず学校の勉強だけで現役合格を勝ち取ったとのことでした。
説明会の中で、「模試における大学現役合格者の共通点について」の話がありました。
現役合格を勝ち取った生徒は、ある回の模試でできなかったところが、次の回ではできるようになっている傾向が見られるそうです。
模試は、受けて終わりではなく、復習し、次につなげることが何より重要です。
自分が受けた模試を復習することは、1冊の参考書を勉強するのと同じ、という言葉を聞いたことがあります。
当たり前のことかもしれませんが、それができる生徒が成功にぐっと近づくということなのですね。
入試についてですが、今春から、第2回の日程が2/3から2/2へ1日前倒しになりました。
例年との変化として、第3回・2/4のみの出願者数が大幅に増加したことが挙げられます。
これまで併願数が多かった洗足学園と、入試がかぶらない日程が2/4のみになりましたから、その影響が大きいと考えられます。
また、2/1・2/3の2回入試を実施する横浜共立学園と、第2回の日程がかぶらなくなったため、併願数が増加したようです。
来年度の入試については、一般については変更はありません。
説明会などの日程は、学校HPを参照してください。
http://www.chofu.ed.jp/