日本大学高等学校・中学校に行ってきました

今日は、日本大学高等学校・中学校に行ってきました。
通称「日大日吉」と言われている学校です。
NihonUniv_highschool.jpg
東急東横線・目黒線「日吉」駅から徒歩15分程度。
日吉駅を利用する生徒たちは、近隣の学校の生徒と通学時間がかぶるため、毎日スクールバスを利用することが義務づけられているそうです。
元々の名称は「日本大学第四中学校」「日本大学第四商業学校」といい、実は日本大学第三高等学校・中学校と同じナンバースクールの一校でした。
しかし、戦後の財閥解体に伴い、日大一~日大三が日本大学から経営的に分離されたため、それを機会に現在の名称となったそうです。
日本大学の直系校ですから、日大に内部進学する生徒は確かに多いです。
今春卒業の生徒も、全体の62.5%が日本大学に内部進学しました。
ですが、平成23年度から「特別進学クラス(特進クラス)」が2クラス設置され、他大学への進学にも積極的になってきています。
今春の特進クラス卒業生82名の合格実績は、東大1名、東工大2名、横浜国大2名、早稲田大12名、慶應大5名、上智大6名、東京理科大6名、GMARCHは合計47名とのことです。
今年の高1生はさらに進学意識が強く、全12クラスのうち4クラスが特別進学クラスだそうです。
難関大にも確かな進学実績を持ち、一方で日本大学への内部進学の道が用意されていることは、この学校に進学する大きなメリットと言えるでしょう。
余談ですが、今日の説明会では、日大への各高校合格者一覧が掲載された「日大新聞」が配布されました。
それを見ると、例えば県立多摩高校でも全受験者のうち合格できたのはわずか50%だそうです。
一般受験で日大に合格するのは、大学全入時代と言われる今でも簡単ではないのですね。
先生方の言葉で最も印象的だったのは「夢と笑顔が世界一あふれる学校にしたい」というものです。
校長先生はじめ、その信念に基づいて精力的に学校運営を行っていることは素晴らしいと思います。
入試については、中学受験で大きく2つの変更点があります。
 ① 2016年度入試より、2/1午後入試が新設され、全4回の入試となります。
 ② 2016年度より、グローバルリーダーズコースが新設されます。
高校受験は、変更はないそうです。
以下に、推薦基準・併願基準を掲載します。
【推薦】
 5科22以上かつ9科39以上、9科全てが3以上
【併願】
 5科23以上かつ9科40以上、9科全てが3以上
また、出願は全て『インターネット出願』に統一されるそうなので、ご注意ください。
説明会の日程等、詳細は学校HPをご覧ください。
http://www.nihon-u.ac.jp/orgni/yokohama/