香蘭女学校に行ってきました

今日は、香蘭女学校の塾対象説明会に参加しました。
1024px-St.Hilda's_School.jpg
東急大井町線「旗の台」駅から徒歩5分程度。
校門を抜け、緑に囲まれたスロープを抜けると、煉瓦色の校舎があります。
都心ですが、自然が豊かで大変静かな環境です。
説明会は、1200名が収容できる礼拝堂で行われました。
毎朝、全校生徒が礼拝堂に集まり、礼拝を行うことから香蘭の1日は始まります。
説明会も、校長先生によるお祈りから始まりました。
キリスト教の学校らしく、香蘭は心の教育を特に重要視しています。
命の大切さ、他者を思いやる心や奉仕の気持ち、平和への想いなど、思春期の多感な時期に「本物」の教育をしていきたい、との意気込みが校長先生の話から伝わってきました。
また、香蘭の特徴の1つに、立教大学への指定校推薦の枠が多いことが挙げられます。
学部を問わず、80名の推薦枠が与えられており、大体学年順位100番ぐらいまでなら大丈夫とのことです。
このギリギリのラインにいる生徒が、一番進路決定が難しいと先生方はおっしゃっていました。
立教への推薦枠をあくまで考えるか、一般入試を早くから準備するか、気持ちの切り替えも含めて難しいのだろうと推察されます。
入試に関して変更点はなく、2/1午前の1回のみで行われます。
2017年度以降の入試については、現段階では未定とのことでした。
その他の詳細については、学校HPを参照してください。
http://www.koran.ed.jp/