カリタス女子中学の説明会にいってきました

カトリック系の学校なので、やはり建物の立派さは目をみはるものがあります。
校内はとても美しかったです。
校長先生は穏やかで、やさしい語り口でした。
図書館の横を通って、説明会場に行きますが、本の多いなと思いました。図書館は天井が高くて、人気の場所だそうです。
教科ごとの教室になっていて、その都度移動するのは、この学校ならではのものです。
フランス語と英語を中1から勉強します。フランス語で大学受験する生徒は30名程度いるようです。
「書かせるカリタス」ということで、表現力を育成するために、文章を書くことが多くなっています。
進学実績は、例年と変化はないようです。
3.11の時、700名の生徒が学校に泊まりました。毛布や緊急時の食べ物の準備もありましたが、買い出しにいき、お米を準備して、おにぎりを作ったということでした。
「よく、そんなにご飯を炊けましたね」と聞くと、
「調理室から、ありったけの鍋を持ち出して、あらゆる方法で炊きました」
といっていました。
今は、さらに非常時の対策を充実させて、全員が泊まれるような準備があるということです。
入試は3回の試験をするようになりましたが、出願は増えています。特に3回目の入試は、倍率が高く、難関です。
12月に入試説明会があり、受験生に問題を解いてもらい、解説をします。
平日夜間の説明会も以下の日程であります。
7/4 8/1 8/29 10/11 11/7 12/19
こちらは予約が必要です。