今日の小5アタック1組

先週の続きです。
今日は平均に関する問題をやりました。
問題:
Aさんのテストの点数は、国語が69点、社会が65点、理科が70点でした。
算数の得点はまだわかっていません。
4教科の平均点が68.5点のとき、算数の得点は何点ですか。
この問題の答えは「70点」。
よくよく見てみると、4教科の中で算数が一番よい得点です。
こういうとき、決まって子どもたちは言います。
「算数の問題だから、算数が一番点がいいんだよね~!」
「あたしと全く逆だよ~。」
・・・先生の「みんなに算数が得意になってほしい」という気持ちをくんでください。
最後に、先週のつるかめ算の復習もやりました。
まだ1週間ですが、それなりに自分のものにできていたみたいです。
また来週も復習しましょう。
追伸:
授業後、また子どもたちが私のところに集まってきました。
どうやら先週の続きで新記録を狙っているようです。
IMG_0268.JPG
まず別の子が先週に続き「3段」を完成。
そして・・・。
IMG_0269.JPG
先週「3段」に成功した子。
今週は「4段」を完成!
ホントにバランス感覚が良いですねぇ。

読書の宿題

他の教室で、小6のプライムの国語を教えています。
最初の時間に、一カ月の間に何冊か本を読む約束をしました。
「ぼくは3冊」
「えーと、4冊」
あんまり本を読んでいない生徒は、
「2冊でいいですか」
すごく本を読む、女の子が、
「わたしは12冊」
「12冊。そんなに無理しなくてもいいよ」
といっても、「大丈夫です」といってききません。
「そのかわり、先生も12冊ね」
020110.gif
読みましたよ。必死に。
翌月も12冊。すると、目標達成できない生徒が半分位になりました。
「無理のないところで目標を決めよう」といって、各自決めなおしました。
「先生は、6冊でいいかな」
というと、
「しかたないなあ。まあ、今回ちゃんと読んできたから、許してあげよう」と生徒たちがいうのです。
「ありがとうございます。助かります」
どっちが出している宿題なのか、分からなくなってきました。